大阪市職員アンケート調査の事例

大阪市職員アンケート調査の事例

スポンサードリンク

大阪市職員へのアンケートについては、物議を醸しだしたものになりました。

 

橋下市長が2012年2月に行った大阪市全職員を対象に行ったアンケートの内容は、政治活動や組合活動に関する項目が主でした。
その内容に対して、不当労働行為に当たるとして、市労働組合連合会などに救済申し立手を行い、大阪府労委員会は、それを認定しました。
それに対し、橋下市長は謝罪を申し入れたということです。

 

内容の開示などは行われないのですが、何事につけても強気の橋下市長が何の目的でこのアンケートを行ったかが伺い知ることができます。

 

大阪市職員の労働組合に関しての活動を掌握し、今後の活動の予防、必要とあれば阻止を狙っている傾向にも見えます、

 

それだけではなく、パワーハラスメントなどの予防のような項目があるものの、その背景には、政治的な活動の流れを見ているような、市職員全体の組合や政治に対する具体的な動きを監視している節があるとの見方もあります。

 

職員たちが、このアンケートで反発した理由は、そのようなことを市で把握することではないですし、個人的な活動には口を出して欲しくはないということなのです。

 

しかしながら、橋下氏の強硬姿勢もなかなかのものですが、何故にこのようなアンケートをシなくてはならない状況なのか、大阪市のそうした活動は、そんなにも活発なのか?

 

そんな詮索をしたくなるような展開で、またまた橋下さんがでているわ、また何かやったの?と言いたくなるような、騒ぎだったとも言える話題だったのではないでしょうか?

大阪市職員アンケート調査の事例についての情報

スポンサードリンク