アンケート調査票の作り方

アンケート調査票の作り方

スポンサードリンク

アンケート調査票の作り方は、その依頼文を読んで、アンケート目的がよく理解できることがポイントです。
何のデータがほしいかがわかることです。

 

質問内容がわかる、回答しやすいということは、データとしても確実なものができると考えられます。
要するにも回答しやすい形にすることが基本になります。

 

ですから、目的は曖昧にしないこと、質問内容を明確にしましょう。
回答に誘導をかけるようなこともNG。
特に気をつけたいのが、先頭の回答部分です。
選択肢が多い場合、たいていの方は先頭をチェックしがちです。

 

ぱっと調査票を見て、ごちゃごちゃしている場合、面倒だから先頭にしてしまう事もあります。
質問も簡潔にするだけではなく、回答の並べ方も注意が必要かもしれません。

 

自由に記入して貰う場合、回答者にも余裕ができます。
必ず、その他の欄を作って、空白部分を作ることで、自由記入の欄を作ることをオススメです。

 

と同時に、わからないという逃げ場の解答欄も。
本当に、そのことについては、きちんと回答したくない場合もあります。
わからないでいいんなら、と回答者がチェックできる欄もオススメです。

 

全体的に、あまり細かな字ではなく、質問はなるべく短く簡潔にすること。
自由記入欄なども、少しスペースを多くすることなどを工夫してみてください。

 

アンケートは、とにかくたくさんのサンプルを必要とします。
そうでなければ意味がありません。
誰でも分かりやすい内容がベストでしょう。

アンケート調査票の作り方についての情報

スポンサードリンク

アンケート調査票の作り方関連ページ

調査方法の種類
質問紙によるもの、ヒアリングによるものなどアンケート調査の種類について説明しています。
サンプル数算出方法
アンケート調査を行う場合、どのくらいの人に調査すればいいのでしょうか。この調査する件数のことをサンプル数といいます。
依頼文の書き方
アンケート調査を行う際、調査に協力をお願いするための依頼文を作成します。その依頼文の書き方に関する説明です。
調査報告書
アンケート調査実施した場合、結果を集計し、報告書としてとりまとめます。その報告書はどのようなものを作成すれば良いのでしょうか。
インターネット調査
インターネットを活用したアンケート調査が増えてきました。WEB調査というやつですね。