アンケート調査依頼文の書き方

アンケート調査依頼文の書き方

スポンサードリンク

アンケート調査をしたい時には、必ず依頼文をつけましょう。
街頭や店頭で、口頭で説明ができるときは別ですが、郵送や会場などでのアンケートの場合、依頼文を付けることが常識です。

 

依頼文の例文に関しては、インターネット上での例文がたくさんありますから、ぜひ参考にしてみてください。
もし、ご自分で考えるのなら、とにかくどんな目的があるのかを前面に出します。
要点を絞ることで、このことを聞きたいということを強調します。

 

その際には、失礼のない文章であることはもちろんのことですが、どんな目的で、こんなことを聞きたく、それをどうしたいかを明確にします。
その際には、いい加減な内容ではなく、誠意を持った書き方を心がけてください。

 

依頼文を読んだ時点で、敵意や悪意を持つ内容は絶対にNG。
読むとも即座に破り捨てられます。
回答者としても、きちんと回答をしてあげようと心から思えるようにすることが大切です。

 

例文などを参考にすることで、言葉の使い方、敬語なども改めて確認することはないとは思いますが、そのまま写すのではなく、内容確認をしてから、自分のアンケートの依頼文として使用してください。

 

依頼分の中に要点や目的を入れることで、信用度も高まります。
実際に回答をする前に、できれば好感をもっていただくほうが、より確かなサンブルを集められることが考えられます。

 

誠意を持った内容であるとともに、こんなことをお聞きしたいということをはっきりと記載することが良いでしょう。

アンケート調査依頼文の書き方についての情報

スポンサードリンク

アンケート調査依頼文の書き方関連ページ

調査方法の種類
質問紙によるもの、ヒアリングによるものなどアンケート調査の種類について説明しています。
サンプル数算出方法
アンケート調査を行う場合、どのくらいの人に調査すればいいのでしょうか。この調査する件数のことをサンプル数といいます。
調査票の作り方
アンケート調査に必要な調査票の作り方に関する説明です。回答する方にとってわかりやすい内容、集計する側にとって集計しやすい設問にする必要があります。
調査報告書
アンケート調査実施した場合、結果を集計し、報告書としてとりまとめます。その報告書はどのようなものを作成すれば良いのでしょうか。
インターネット調査
インターネットを活用したアンケート調査が増えてきました。WEB調査というやつですね。