アンケート調査のサンプル数算出方法

アンケート調査のサンプル数算出方法

スポンサードリンク

アンケート調査のサンプル数の算出方法は色々あります。
単純集計は、質問に対する全体の傾向が分かる基本的な形です。
クロス集計は、性別や年代のような属性別の質問項目に対数回答者数とパーセンテージを算出します。
単純集計では、つかめない掘り下げたデータを得ることができます。

 

クロス集計の上を行くトリプルクロス集計は、属性を細かくすることが得られるものですが、アンケートの回答数が少ないと、データに偏りがでてしまいます。

 

アンケート集計のサンプルに必要な数は、目安として最低500は必要とされています。
また、クロス集計の場合、1グループ30以上。
もっと詳しく分析をしたい、多変量解析の場合、この10倍の回答を必要とします。

 

どのような結果で、何を知りたいかということを明確にすることで、サンプル数とその算出を見るために、やはりアンケートの方法から考えることが必要でしょう。

 

パーセンテージについてし、サンプリング誤差の許容範囲を決めておき、予測をしいおくことが良いでしょう。
この場合も、回答が多ければ多いほど精度は上がります。

 

何れにしても、回答数の多さが決めてとなります。
特にクロス集計にこだわる場合は、幅広い層からの回答が必須になります。

 

事前に高い回収率のあるアンケートを行なう事が必要ですが、必要に応じてに、謝礼や調査主体名、スポンサーなどの存在がその数に大きく左右されると言われています。

アンケート調査のサンプル数算出方法についての情報

スポンサードリンク

アンケート調査のサンプル数算出方法関連ページ

調査方法の種類
質問紙によるもの、ヒアリングによるものなどアンケート調査の種類について説明しています。
依頼文の書き方
アンケート調査を行う際、調査に協力をお願いするための依頼文を作成します。その依頼文の書き方に関する説明です。
調査票の作り方
アンケート調査に必要な調査票の作り方に関する説明です。回答する方にとってわかりやすい内容、集計する側にとって集計しやすい設問にする必要があります。
調査報告書
アンケート調査実施した場合、結果を集計し、報告書としてとりまとめます。その報告書はどのようなものを作成すれば良いのでしょうか。
インターネット調査
インターネットを活用したアンケート調査が増えてきました。WEB調査というやつですね。