アンケート調査方法の種類

アンケート調査方法の種類

スポンサードリンク

アンケート調査の方法はいろいろあります。
調査を依頼する場合、調査の種類によって、調査員の必要性も出てきます。

 

例えば家に伺う、街頭や施設で行なう場合は、調査員が面接をしたり、自己記入をしてもらう事になります。

 

この場合、その場の回答を得ることができますから、確かな結果を見ることができます。
回答者にしてみれば、目の前に調査員がいるのですから、書かなくてはいけないという責任感と強迫観念の元、回答することになります。

 

景品などの待遇があることで、その回答率が上がるのは言うまでもありません。

 

 

アンケート調査で、調査員がなしの場合、郵送やインターネットなどの通信を利用する場合があります。
この場合、回答数に限度があると言えます。

 

調査員がいないことで、必ず回答ができることは皆無と言えます。
また、通信と言えば電話がありますが、こちらは調査員の存在が必要です。
そして、回答数に関しては、他の通信の方法よりも低いと思ってよいでしょう。

 

こうしてみると、アンケートの回答率を上げることができる調査方法と言うと、調査員の存在が不可欠と言えます。

 

しかし、コスト面で考えると、インターネットを使って、ほしい回答数以上のユーザーに送信をすることで、確かな回答を待つ方が良いとも言えます。
その場合、リストなどが必要になります。

 

そこで、アンケートサイトやポイントサイトなどの利用により、特典をつけてアンケートの依頼をすることが、最近の手法と言えます。
これですと、回答者も気軽に回答することができるでしょう。

アンケート調査方法の種類についての情報

スポンサードリンク

アンケート調査方法の種類関連ページ

サンプル数算出方法
アンケート調査を行う場合、どのくらいの人に調査すればいいのでしょうか。この調査する件数のことをサンプル数といいます。
依頼文の書き方
アンケート調査を行う際、調査に協力をお願いするための依頼文を作成します。その依頼文の書き方に関する説明です。
調査票の作り方
アンケート調査に必要な調査票の作り方に関する説明です。回答する方にとってわかりやすい内容、集計する側にとって集計しやすい設問にする必要があります。
調査報告書
アンケート調査実施した場合、結果を集計し、報告書としてとりまとめます。その報告書はどのようなものを作成すれば良いのでしょうか。
インターネット調査
インターネットを活用したアンケート調査が増えてきました。WEB調査というやつですね。